スズキ技研 製品紹介

ホーム > 製品紹介 > 新規製品 > デハイドレータ KD1D K3-80D

新規製品

EAGLE8

この製品のお問い合わせ先

営業部

TEL:047-393-7711

FAX:047-393-7799

デハイドレータ KD1D K3-80D

小容量の導波管等に乾燥空気を充填して湿気を防ぎ、アンテナ等の通信効率を最適な状態に保ちます。

デハイドレータ KD1D K3-80D - 株式会社スズキ技研
デハイドレータ KD1D K3-80D - 株式会社スズキ技研
■ニーズに合わせて
・ご要望に応じて充填口数が変更可能です。(2~7口)
・電源:DC+24V/DC-48Vに変更可能です。
・ご要望の塗装色で製作が可能です。(標準色:5Y7/1)
■保守対応が簡単
・シリカゲルの交換は、扉を開けることなく、ケース上下にあるキャップ開閉のみで行うことができます。
・シリカゲルのみの入れ替えで済むため、コストメリットがあります。
■短納期対応
・部材の標準化/リードタイムの短縮により短納期化の実現。 約2.5ヵ月 → 約1.5ヶ月
<標準仕様>

品名

:デハイドレータ

電源

:AC100V 50/60Hz共用

充填流量

:3±2L/min

充填圧力

:上限20kPa/下限5kPa

警報出力

:低圧/高圧/電源断/連動動作

信号出力

:圧縮機動作

乾燥空気度

:露点-40℃以下

乾燥方式

:シリカゲル方式

寸法

:350(W)×130(D)×400(H)mm

重量

:約16kg

<特徴>

マイクロ波通信や衛星通信では、アンテナと無線通信用導波管が使用されます。導波管に湿気が侵入しますと、通信に支障が出るばかりではなく、導波管等の劣化が進む心配があります。スズキ技研のデハイドレータは、これらの生涯を防ぐことに役立っています。

<システム図>

小容量の導波管等に乾燥空気を充填して湿気を防ぎ、アンテナ等の通信効率を最適な状態に保ちます。

デハイドレータ KD1D システム図